2017年10月号

「神の救い―時空間を超越した、その宇宙大のスケール」特別番組・父、子、聖霊なる神の交わり、その似姿への回復―正教会の信仰と霊性・ゲオルギイ松島雄一氏

特別番組「父、子、聖霊なる神の交わり、その似姿への回復―正教会の信仰と霊性」より
ゲオルギイ松島雄一氏(日本正教会大阪ハリストス正教会管轄司祭)

使徒たちのキリスト体験
—聖書と教会の源

松島正教会の信仰の拠り所は何か。プロテスタントは「聖書のみ」、カトリックは「聖書と聖伝」と考えられていますが、「では、正教会は?」と問われるならば「聖伝です」とお答えします。ただ、ここで、「聖書には書かれていないが教会が大切にしている様々な伝統や習慣等」をイメージされると、それでは不十分なのです。

聖伝というのは、「わたしが最も大事なこととしてあなたがたに伝えたのは、わたし自身も受けたことであった。すなわちキリストが、聖書に書いてあるとおり、わたしたちの罪のために死んだこと、 そして葬られたこと、聖書に書いてあるとおり、三日目によみがえったこと、ケパに現れ、次に、十二人に現れたことである。 」(1コリント15章3~5節)とあるように、この「使徒たちの体験」が根幹にあるのです。さらに、「わたしたちが見たもの、聞いたものを、あなたがたにも告げ知らせる。」(1ヨハネ1章3節)こういうキリスト体験の受け渡しこそが聖伝なのです。使徒たちが一生懸命伝えようとしたことは、イエスの「教え」だけではありません。

>>記事を読む

 


 

「私たち一人一人が神学者」神が問われる―私たちの対話的教義学講座・第1回「今、神学するということ」より・石居基夫氏・長倉崇宣

第1回「今、神学するということ」より
神が問われる―私たちの対話的教義学講座
石居基夫氏
(日本ルーテル神学校校長)聞き手:長倉崇宣

>>記事を読む

 


 

ゲスト沢知恵氏・コーヒーブレイク・インタビュー

ゲスト沢知恵氏より
コーヒーブレイク・インタビュー
沢知恵氏
(シンガーソングライター、「コモエスタ」代表)

>>記事を読む


 

「理屈を超える救いの神秘」聖書をあなたに・ローマ人への手紙・加藤常昭氏

「われら罪に定められず」より
聖書をあなたに・ローマ人への手紙
加藤常昭氏
(日本基督教団隠退教師、神学者)

>>記事を読む

 


 

「愛された、いちじくの木」どこへでも、どこへでも―ルカによる福音書・井幡清志氏

「愛された、いちじくの木」より
どこへでも、どこへでも―ルカによる福音書
井幡清志氏
(日本基督教団石動教会牧師)

>>記事を読む