2016年6月号

イエスを生きる・第14回「イエスの生き方3―人の力を超える運命―」岩島神父のキリスト教信仰入門講座

第14回「イエスの生き方3―人の力を超える運命―」
岩島神父のキリスト教信仰入門講座(再)
岩島忠彦氏
(カトリック・イエズス会司祭、上智大学神学部名誉教授)

***

し、変化するイエス

「人間である」ということは、成長や変化があるということです。

そこでは、自分の信念や大切にする事も変わってきます。キリスト教の教理では「イエスはまことの神にして、まことの人」と教えますが、時として「まことの人である」ということが忘れられることがあります。

ヘブル書は非常に印象的に述べています。

「キリストは、その肉の生活の時には、激しい叫びと涙とをもって、
ご自分を死から救う力のあるかたに、祈と願いとをささげ、
そして、その深い信仰のゆえに聞きいれられた」(5章7節)。

>>記事を読む

 


 

イエスを生きる「神に左右されて生きる」どこへでも、どこまでも―ルカによる福音書

「神に左右されて生きる」
どこへでも、どこまでも―ルカによる福音書
井幡清志氏
(日本基督教団石動教会牧師)

>>記事を読む

 


 

「名前の由来」こころに新・呼吸

「名前の由来」
こころに新・呼吸
安保ふみ江
(FEBCスタッフ)

>>記事を読む

 


 

「主を仰ぎ見る」全地よ主をほめたたえよ・日本福音ルーテル神水教会

「主を仰ぎ見る」
日曜礼拝番組 全地よ主をほめたたえよ
日本福音ルーテル神水教会 角本浩牧師

>>記事を読む