2015年8月号

「教会の回心」FEBC特別番組「エキュメニズム教令―その今日的意義」・石居基夫氏

FEBC特別番組「エキュメニズム教令―その今日的意義」
石居基夫氏
(日本福音ルーテル教会牧師、日本ルーテル神学校校長)
聞き手 長倉崇宣
***

宗教改革による分裂から約500年。
時に戦争まで引き起こしてきたキリストの教会が、昨年11月東京で心を一つに礼拝を捧げました。
カトリック教会・日本聖公会・日本福音ルーテル教会によるこの世界初の取り組みは教会の一致を願うエキュメニズム運動に新たな一歩を記した記念すべき出来事です。

この礼拝の全教会的な意義についてお話をうかがいます。
>>記事を読む

 


 

「現代日本の教会に共通する課題を巡って 」シリーズ 戦後70年・現代の教会の使命と課題「エキュメニズムとは何か-主の痛みを担う教会として歩むために」江藤直純氏・小田武彦氏・佐藤司郎氏・郷家一二三氏

シリーズ 戦後70年・現代の教会の使命と課題
「エキュメニズムとは何か-主の痛みを担う教会として歩むために」
江藤直純氏
(日本福音ルーテル教会牧師・ルーテル学院大学学長)
小田武彦氏(カトリック大阪大司教区司祭・聖マリアンナ医科大学特任教授)
佐藤司郎氏(日本基督教団正教師・東北学院大学文学部教授)
郷家一二三氏(日本ホーリネス教団坂戸キリスト教会牧師)

>>記事を読む

 


 

「世界は楽園ではないという事実」岩島神父のキリスト教信仰入門講・岩島忠彦氏

第4回「失楽園—本来の私と現実の私」より
岩島神父のキリスト教信仰入門講座
岩島忠彦氏
(カトリック・イエズス会司祭、上智大学神学部名誉教授)

>>記事を読む

 


「いつも文句言ってたおじさんは、 『俺にはキリストしかいないから』と言った数日後に、 イエス様の手を握りしめながら天国へと旅立っていった。」イエスが与えてくれる、この鼓動ービートー・関野和寛氏

「人生最期の日、誰の手を握る?」より
イエスが与えてくれる、この鼓動ービートー
関野和寛氏
(日本福音ルーテル教会東京教会牧師)

>>記事を読む