洗礼を受けたものの…(8/10)

洗礼を受けたものの
信仰がれています

ヨハネ受講中の女性

ヨハネ1章9節「その光は、まことの光で、世に来て『すべての人』を照らすのである」という箇所を読み、ぐっと胸に来るものがありました。この『すべて』の中に私も入っているのだ!まるで遠い異国の地の歴史書を読むかのように聖書を傍観者の立場から読んでしまいがちな私が、その言葉で、イエス様の前に群がる人々の中の1人になったような気持ちになりました。

つい先日、ネットで聖歌「君もそこにいたのか」という曲を知り涙が止まらなくなりました。私も、イエス様の十字架の前にいたかのように感じたのです。

正直に告白しますが、洗礼を受けたものの、心の底から真にイエス様を信仰できずにいます。朝早く仕事場に行くとき、朝日が昇る道を歩きながら、神様の創造した世界はなんて美しいんだろう、と毎日のように感動します。けれどその後に、ふと、信仰がなくても、私のこれからの人生、何も変わりやしないんじゃないか?と思い悩みます。揺れている自分が嫌になります。毎日仕事をしながら、主よ、憐れんでください、私に信じる心をください、と祈りながら作業しています。

(10日)

>>次のお便りへ


手紙の最後の日付は番組「恵子の郵便ポスト」での放送日です。

あなたの声を聞かせてください。
>>「メールお待ちしています」へ