400年以上経っているのに…(5/10)

400年以上経っているのに
なぜ信者がえない?

いつも放送を心のよりどころにしています。

私が不思議に思うのは、日本にキリスト教が伝来して400年以上経ち、日常生活も戦後は急速に欧米化して、考え方も多様化して変化し、カトリックもプロテスタントも含めて教会もたくさん出来、キリスト教主義を掲げる学校も多く有るのに、キリスト教信者がなかなか増えないのはどうしてだろうと思う事です。

私の友人、職場の人でも、キリスト教系の学校を卒業していても信者の人はいません。でも話をきいてみると、キリスト教が嫌いな訳ではなくて、良いと思うけどなんとなく信じられないとか、聖書の内容が外国の話でよくわからないと感じているそうです。
私は洗礼は受けていませんが、神様を信じています。

(10日)

>>次のお便りへ


手紙の最後の日付は番組「恵子の郵便ポスト」での放送日です。

あなたの声を聞かせてください。
>>「メールお待ちしています」へ