「自分で自分を救えない神」早矢仕宗伯氏(1/2)

「自分で自分を救えない神」イエスの風に吹かれて―みことばお散歩トーク・早矢仕宗伯氏・長倉崇宣

「自分で自分を救えない神」より
イエスの風に吹かれて―みことばお散歩トーク
早矢仕宗伯氏
(日本福音自由教会協議会東京武蔵野福音自由教会牧師)
お相手 長倉崇宣

***

「されこうべ」と呼ばれている所に来ると、そこで人々はイエスを十字架につけた。犯罪人も、一人は右に一人は左に、十字架につけた。〔そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」〕…議員たちも、あざ笑って言った。「他人を救ったのだ。もし神からのメシアで、選ばれた者なら、自分を救うがよい。」兵士たちもイエスに近寄り、酸いぶどう酒を突きつけながら侮辱して、言った。「お前がユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ。」…十字架にかけられていた犯罪人の一人が、イエスをののしった。「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ。」…イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」こう言って息を引き取られた。 (ルカ23章32~46節)

長倉
「自分で自分を救え」って言葉が三回も出てきますよね。
「もし神からのメシアで、選ばれた者なら、自分を救うがよい。」(35)
「ユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ。」(37)
「自分自身と我々を救ってみろ。」(39)

早矢仕
みんなが言うてるよね。イエス様はなんで十字架から降りなかったんやろう?

長倉
そうなんですよ。そして思ったんです。
自分で自分を救えないのはイエス様じゃなくて私のことだ!って。だから、もしイエス様が十字架から降りて自分を救ったら、私は取り残されちゃうじゃないかって。

早矢仕
イエス様はそこに留まって、自分で自分を救えない者として終わったわけやもんね。
イエス様はこの時、ホンマに人間になったんやないかな。

もちろん生まれた時から人間なんやけど、自分では自分を救うことの出来ない者となったこの時に、初めて本当の意味でイエス様は人となられた。