「永遠の住み家」上竹裕子氏(1/2)

「永遠の住み家」タリタ、クム。起きなさい。―主日の説教から・上竹裕子氏

「永遠の住み家」
タリタ、クム。起きなさい。―主日の説教から
上竹裕子氏
(日本基督教団磐城教会牧師)

***

誰かが家をプレゼントしてくれる、そんなことはありえません。ところが聖書は私たちに贈り物の家が準備されていると語っています。

「神によって建物が備えられていることを、わたしたちは知っています。人の手で造られたものではない天にある永遠の住みかです。 」(2コリント5:1)

これを書いたパウロは、私たちの地上の住まいを「幕屋」と呼んでいます。テントのことです。

「この幕屋に住むわたしたちは重荷を負ってうめいておりますが、それは、地上の住みかを脱ぎ捨てたいからではありません。死ぬはずのものが命に飲み込まれてしまうために、天から与えられる住みかを上に着たいからです。 わたしたちを、このようになるのにふさわしい者としてくださったのは、神です。」(4~5)