「神に向かって歌え、私の心よ」平野克己氏

ニコデモは、誠実に一生懸命生きた人。ユダヤ人たちの議員です。信望も厚かったその彼が、夜、イエスを訪ねてきました。なにかを聴きたいのです。
新しいなにかを。

主イエスはおっしゃいます。「人は新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」。
不思議なことです。

「もう一度、人生をはじめたいんだろ?」

私たちは、ひとつ、またひとつとよろこび、また悲しみを味わい、やり直すことのできない日々を繰り返しながら、生きてゆきます。

主イエスはおっしゃる。
「水と霊とから生まれなければ、神の国に入ることはできない。」