「起き上がりなさい」小島誠志氏(4/4)

私たちは生きる事ができる

1412_susv141214_04このベトザタには、多くの病人が横たわっていました。そこで一人の人間が床を担いで歩き始めた。つまり、一人の人間がその人々の中で生き始めた。キリストの御業はこの一人を通して始まっている。

私たちは、多くの人が病めるこの現実の中で、キリストによって生かされて自分の足で歩き始めた人間の一人一人です。そこで生かされている、歩き始めているということが、私たちの信仰の証しなんです。

今日、信仰をどう伝えるか、伝道をどうするか、いろいろ言われています。しかし基本は、私たちが現実を、この自分の足で生き始めているということです。打ちのめされないで、自分の命を生き始めている。それが私たちの証しです。

救い主が共にいてくださるゆえに、私たちは誰だって生きる事ができるんです。私たちが生きる為に救い主はこの世に来てくださっているのです。

(文責・月刊誌編集部)